矢代小百合看護師長(病棟・外来担当)

創立40周年を迎え、地域に密着し長年当院に通って頂いている患者さんから、乳腺疾患や人工関節、スポーツ整形の患者さんは近畿圏内外からも幅広く来院されます。
仕事・子育て・家庭の両立を楽しみながら専門領域に特化した外来看護を誠心誠意行なっており、やりがいがあります。

矢代小百合

髙島美樹乳腺・化学療法担当

ブレストセンターでは、経験豊富な専門医と専門看護師が診断、手術、薬物療法まで一貫して担当しています。ブレストセンターで主に働くスタッフ7人も初診時の外来看護から入院後手術前後の看護・化学療法や緩和医療まで幅広く携わることができます。
外来・病棟・手術室を兼任しているため、スムーズな情報交換ができ、患者さんひとりひとりのニーズに合わせた看護を提供しています。

髙島美樹

福田暁子看護師長(手術室・人工関節センター担当)

手術室は2部屋あり、年間の手術件数はおおよそ乳腺科100件・整形外科250件・その他の手術50件を行なっています。主に手術室で働くスタッフは5人ですが、手術室専属スタッフではなく、外来や病棟勤務も兼任しています。
当院で初めて手術に携わった看護師も今ではバリバリ働いています。手術室担当看護師は患者さんの生命を守り、術中術後の合併症を可能な限り無くすために日々周手術期看護の質向上に努めています。

福田暁子

浅野直子看護副師長

乳腺科と整形外科で31床の混合病棟です。小規模のメリットを生かし、患者さんがその人らしく治療に専念できるように専門的知識を持ち、日々ケアや看護指導を行なっています。
毎週の乳腺科やリハビリテーションのカンファレンスに加え定期的な勉強会も開催しており、さらなる看護の質向上に努めています。他院での経験を経た活気ある若いスタッフが多く、皆でにぎやかに頑張っています。

浅野直子