手術や治療によって外見が変化することで
「周りの人からどう思われるか気になる」
「自分ではなくなった気がする」
「治療をする気になれない」
そんな患者さんのこころの苦痛を軽減するケアのことです。
当院では、がんばっている患者さんが自分らしく日常生活を送れるよう、
アピアランスケアにも取り組んでいます。


髪のこと

治療をがんばっている。少し髪も生えてきた。
だけど、髪の毛がまばらで、ほかの人の視線が気になる。
美容師さんに見せるのも恥ずかしい・・・。
今までの美容室には行きたくない。行けない・・・。

個室のある美容室、抗がん剤治療に理解のある美容師さんは、
どうすれば見つかるの?

多くの患者さんが感じる気持ちです。

当院では、治療経験のある美容師さんの申し出により、
ピアサポートつき院内美容室を“開店”しています。
カット、カラー、ウィッグ調整などなど。
看護師もつきそっての“院内美容室”です。

最新情報は、
待合室の掲示板、ホームページTOPニュース相原病院フェイスブックをご覧ください。


手作りバストパッド

乳房切除を受けた方も、胸を張って退院して欲しい。
そんな想いから、当院では患者さんおひとりおひとりのバストサイズにあわせて、看護師が手作りで「バストパッド」を作って、退院時にお渡ししています。
術後の肌にも自然なように、パンヤ綿を入れて、ひと針ひと針縫っています。